ご意見BOX

OPINIONS

ご意見BOX

当院は、関わるすべての“人”の「安心」を守ることができる状態を目指しています。関わるすべての“人”というのは、患者様、そのご家族様、関係者、ここで働く仲間のことです。そのすべての人にハッピーになってもらえるようなクリニックであり続けたいと願っています。

そこで、皆様にご意見を頂き、さらにより良いクリニックを目指していきたいと考えております。 宛先は匿名化されますので、どなたからご意見をいただいたかはこちらではわかりません。どんな些細なことでも構いませんので、ご要望やご意見をいただければ幸いです。 営業メールはご返信しかねます。ご了承ください。

ご意見に対しての回答は、「ご意見箱掲示板」にて担当者の回答を 掲載させていただきます。 お名前やご連絡先については掲載しませんのでご安心ください。

※印は必須項目です。

ご意見

頂いたご意見から、 取り組みを行った事例

●トラベル・ヘルパー

(記念旅行や実現したい外出のお手伝い)

外出が困難な患者様がそのご家族様と一緒に旅行やお墓参りに行けるよう、同行します。万が一病状が悪化した時に対応できるようにしています。

エピソード

ご家族様から「一緒に旅行にいきたい」というご要望をいただき看護師同行で旅行へいきました。 点滴を打ちながら温泉に入り、お食事の時も一緒に過ごし、ご家族様のゆったりした時間を私も共有させていただけたことはとても貴重な体験になりました。家族との関わり方もより深いものになり、お互いを知り合える素敵な時間にもなりました (看護師)

ご意見箱掲示板

ここでは、頂いたご意見に回答をさせていただきます。ご協力頂いた皆さま、誠にありがとうございました。

       

21年08月23日

■ご意見 : 施設入所用の診断書は作成できますか?

■回答:ご質問いただき、ありがとうございます。

正翔会クリニックでは、訪問による施設入所用診断書の作成も承っております。
またレントゲン撮影検査も器材を持参しますので、ご自宅にて実施することが可能です。

ただし、診断書作成は検査費用含めすべて自費となりますので予めご了承ください。
また、訪問場所、検査内容等によってご希望にそえない可能性もありますので、一度お電話にてご相談頂けますと幸いです。

【ご意見の詳細】
身内が外来受診が年齢的に難しくなってきたため、訪問診療や介護サービス、施設入所を検討しています。

施設入所となると診断書が必要となりますが、訪問診療で作成して頂く事はできるのでしょうか?
レントゲンもあるので、病院に行くしかないですか?

       

21年07月05日

■ご意見:末期症状の苦痛を薬でコントロールできますか?

■回答:ご質問いただき、ありがとうございます。
 
緩和ケアにつきましては様々なケースがございますので、差し支えなければ詳しくお聞かせいただくことは可能でしょうか?
お手数ではございますが、よろしければ一度当院までお問い合わせいただけますと幸いです。
 
【ご意見の詳細】
86才の母は重症心不全で入院しています。
在宅医療で最期を看とりたいと思ってます。
 
末期は色々な症状が出て苦しむと聞いてます。
延命治療は望みませんが、苦痛をできるだけとってあげたいです。
ガン患者のように、モルヒネなどの薬でコントロールもしてくださるのでしょうか。

       

21年04月28日

■ご意見 : 新型コロナウイルス ワクチンの接種はできますか?

■回答:ご質問いただき、ありがとうございます。

接種による体調変化への対応、当院の通常診療体制への影響等から
ワクチン接種のみご希望の新規患者様はお断りさせて頂いております。
当院訪問患者様への在宅での接種は実施予定です。

【ご意見の詳細】
在宅でコロナワクチンは打ってもらえないのですか?

       

20年08月21日

■ご意見:腸ろうで栄養を摂っています。持病により誤嚥性肺炎を繰り返していますが、訪問看護をしていただくことは可能でしょうか?

■回答:

ご質問いただきありがとうございます。
当院では、腸ろうで栄養を摂られている患者様への訪問診療および訪問看護も可能でございます。

また、パーキンソン病の診療や言語聴覚士による嚥下リハビリにも対応しております。

しかし、当院では訪問診療と共に、必要に応じて訪問看護を提供させて頂いており、訪問看護のみではお受けしておりません。
訪問診療をご一緒にご検討頂けましたら幸いです。
 
【ご意見の詳細】
江南市在中です。81歳の義父が胃癌で江南市内の病院に入院しています。
胃の全摘手術をした為、現在は腸ろうで栄養を摂っています。
パーキンソン病の持病がある為、嚥下機能が低下しており、嚥下のリバビリをする度に誤嚥性肺炎を繰り返し退院の目処が立ちません。
腸ろうのまま退院した場合、訪問看護をしていただくことは可能でしょうか?